マレーシア GDP 2017年第二四半期成長率 5.8%
海外

(2017.08.20)

マレーシアの中央銀行であるBank Negara Malaysiaは、マレーシアの2017年第二四半期のGDPが、5.8%の成長となったことを発表しました。昨年同時期の4.0%、2017年第一四半期の5.6%を上回りました。輸出、サービス、製造業の堅調な成長と民間投資が高まり、供給面では、主要セクターすべての拡大が、この成長に貢献しています。

マレーシア経済は、2017年前半の5.7%の大幅な伸びを達成したことから、2017年全体の成長率は、4.8%を超える成長が見込まれています。内需の拡大と世界的な成長の改善による輸出の拡大が、この成長を支えると予測しています。

GST(6%)導入、石油価格の低迷、リンギット安、物価の上昇等から、直近2年間のマレーシア経済は、厳しい状況でした。今年度前半の成長率が大きく改善しましたが、市中の景気に対する実感は、まだまだ厳しいものがあると感じます。

マレーシア経済がこの成長の維持し、景気が好転することを期待します。

参考記事
Malaysia economy grows 5.8pc / 19 Aug 17 / Borneo Bulletin

新着情報一覧はコチラ

pagetop