EMPLOYMENT
採用・求人事業

人財採用はもちろんのこと、人財育成、離職率抑制、人財最適化など、
「人財」に関するあらゆる領域で、貴社の課題解決のための戦略を立案致します。

*

*

人財採用

少子高齢化に伴う労働市場での競争激化、就職・転職活動手法の多様化、求職者の意識の変化に伴い、人財採用は難易度を増しています。
経営戦略、採用目的を理解した上で、その実現に向けて必要とされる人物像を明らかにします。
採用は既存事業の強化なのか新規市場への進出なのか、又は欠員補充なのかなどです。そして採用目標、課題、募集手段を検討し、貴社に適した人財採用戦略を立案致します。

人財育成

経営戦略、経営方針、事業戦略に基づき人財構成の将来ビジョンと現状分析を行い、社員個人のスキルや経験値などから人財育成計画を立案していきます。 人財育成の教育は社員のレイヤー(層)別の教育プランが有効です。 入社前、若手、中堅、管理職、幹部職という層別育成のメニューを作成します。 社員の個人的な夢やスキルアップ目標と組織での目標をいかにマッチングさせるかが重要になります。 そのためにまず「社員の生き方・働き方」の教育をしっかり固めた上で、「ビジネス基本スキル」教育や専門職のための「専門スキル」教育を施します。 メニューとして社員の生き方・働き方研修、内定者フォロー研修、新人研修、リーダー研修など対象者のレイヤー、ポジション・課題に合わせた育成戦略を立案致します。

離職抑制と人財最適化

新人教育をしても早期離職をしてしまう若者が後を絶たない、中途入社社員の定着率が悪い、中間管理職の離職が多いなど、社会的な問題にもなっている離職者の増加。当社では、企業側にも求職者側にもリスクの大きい離職を減らすため、離職原因をいち早く突き止め、防止策を立案致します。特に会社としての取り組みと管理者・人事教育担当者としての取り組みの両面からの防止策が必要です。
会社の取り組みでは会社のビジョンを含めた経営方針、給与・処遇などの評価制度、仕事の満足度また所属やキャリアデザインがあげられます。
管理者・人事教育担当者としての取り組みでは仕事の量・質・責任範囲、成果目標などのマネジメントとコントロール面があり、更に人間関係やコミュニケーション面、そして相談環境づくりなどがあげられます。

人財最適化ではジョブローテーションの機会がない、特定の部署のみ残業が著しく多い、人員数に対して生産性が低いなど、社員の方の成長、組織の成長を妨げている要因がなにか分析し、モチベーション向上のための人財適正化戦略を立案致します。

事業実績

スマート人事